心の余裕がない|焦りやイライラを落ち着かせる3つの対処法

考え過ぎてしまっていつも焦っている、些細なことが気になってイライラする…
繊細さんは考え過ぎてしまい、心に余裕がないと感じる人も多いです。

この記事では、そんなときに心を落ち着かせる対処法を3つご紹介します。
心に余裕が持てないことに悩む方、ぜひご一読ください。

スポンサーリンク

 

心に余裕がない原因は?

心に余裕が持てない原因は、ズバリ考え過ぎです。

  • 次々に様々なことを考えて、整理できずに焦ってしまう
  • 焦ってしまうことに焦ってどうしたらいいか悩んでしまう

この無限ループで、ずっと考え込んでしまっているんです。
どうにかするために考えるんですが、その「考える」という行為によってさらに余裕がなくなってしまうんですね。

では、この考え過ぎるタイプの人はどうしたらいいのか?次からお話しします。

落ち着くために① ゆっくり話す

余裕のないときって様々なことが頭の中をぐるぐるしていますよね。
難しいことは考えず、ただゆっくり話すようにしてみてください
誰かとの会話でも、思ったことを一人で呟く独り言でもいいです。

話すスピードをゆっくりにすることで不思議と心が落ち着いて、冷静になってきます。
そうすると焦りや苛立ちも一緒に落ち着いていきますよ。

例えば全力疾走した後に、いきなり止まって「落ち着け…!」と思っても心臓は落ち着きませんよね。
ゆっくり走って、呼吸を整えて、クールダウンするような感覚です。

ちょっと違うかもしれませんが、私は朝寝坊したときなんかによくやります。
定期券が見当たらない!と焦ったとしたら

榛

定期券〜どこ置いたかな〜?

こんな感じで、ゆっくり話してます。独り言ですが(笑)
バタバタ家の中を走り回るより冷静に動くことができますよ。

落ち着くために② いっそ諦める

もう、落ち着こうとすることを諦めてみてください
なぜなら心に余裕がないときの頭の中は

繊細さん繊細さん

・もっと心の余裕を持ちたい
・なんでこんなに焦ってしまうの
・こんなことでイライラするなんて

こんな感じではないですか?
考え過ぎてしまう人は、落ち着こうと考えれば考えるほど落ち着けなくなります

なのでどうやって心を落ち着けるか考えるのをスパッと諦めて

繊細さん繊細さん

ま、いっか。
なんとかなるでしょ。

くらい、無理矢理にでも一回開き直ってしまうのがオススメです。
そう、無理矢理でもいいんです!

肩の力がスッと抜けて、パンパンだった頭に他のことが入りこむ隙間ができます。

落ち着くために③ 自分を責めない

Alexas_FotosによるPixabayからの画像

考え過ぎてしまうタイプの人は、心に余裕がないことを自分のせいにしがちです。

繊細さん繊細さん

・気にしすぎてしまう自分が悪い
・イライラしてしまうなんて心が狭い

こんな感じで、自分を責めることで更に余裕がなくなってしまいます

そんなときに読んでほしい名言はこちら。

どうして、自分を責めるんですか?
他人がちゃんと必要なときに責めてくれるんだから、いいじゃないですか」

私はこの言葉を見たとき、なるほど〜!と思いました。
確かに本当に悪いことをしたときには誰かが責めてくれますよね。

気にしすぎるのも、考えすぎるのも気質なのでしょうがないことです。自分が悪いわけではありません
誰にも責められていないのに自分を責めるのはやめて、許してあげましょう。

心の余裕がないときには

心を落ち着かせる対処法をご紹介しました。
余裕がないとき、心がざわざわしているときには「どうにかしなきゃ」と考えるのは逆効果です。

考え過ぎてしまう人ほど自分で自分を追い込んでしまうので、自分に合った方法で上手く力を抜いていきましょう。

スポンサーリンク