悩むときほど花を買って帰ろう。花を買って得られる3つのこと

こんにちは。はるです。

みなさん、部屋にお花飾りますか?

わたしは出かけると花屋さん覗いて、好みの花に出会ったら買って帰って飾ってます。
そんなわたしが思う、花を買って帰るといいこと3つ書いていきます〜

スポンサーリンク

持ち歩きがたのしい

飾っていいこととか以前に、持ち歩くだけでいい気分になれます。

先週の金曜は、出勤前に立ち寄ったスーパーでトルコキキョウ?を発見。
帰りに絶対買って帰るぞ〜、と思って勤務後に買って帰った。
帰り道に浮かれているわたし↓

どこかの地域では花束持ってバス乗ると割引したりっていう制度を設けていて、花束持ち歩く人が増えたら、犯罪の件数が減ったりしたらしい。すごいね。

それくらい視界に花が映る癒し効果は高いので、花を買った時には袋に入れたり見えないようにせずに持ち歩きます。

自分の幸せを人に分けてる感があるのがまた幸福感。

だいぶ前から流行ってるお花の定期便みたいなの試したこともあったんですが

やっぱり持ち歩いてる時間も好きだし、買って帰った方がお花も元気です。

気持ちを落ち着かせてくれる

花を飾るのは、焦っていたり、悩んでいたりするときほどオススメ。
花に意識をやるのが後回し、どんどん水が濁ったり、花に元気が無くなってしまったりします。

だから今は買わないっていうのもあるかもしれないけれど、そんなときこそ。

花瓶を洗って水を換えたり、元気が無くなっている花を取り除いたりしていると、空気の流れが良くなる感じがして。自分の中で滞っていたものもスッと流れ始めるような感じがします。

すぅ〜、っと息をゆっくり吸い込み、ふぅ〜っと吐き出したくなるような気分。

何に焦っていたんだっけか。

きれいな花を眺めて水を換えてしているうちに自分が整ってくると、花も元気になってきます。買ってきたときは蕾だったのが咲いてきたりしてかわいいです。

机の上が片付く

頭の中を整理するのにも、花を飾るのがオススメです。

花を飾ると不思議とその周りを綺麗にしたくなります。いつもぐちゃぐちゃになっている机も、花を飾っている間は綺麗(笑)

まあ机の上以外は散らかったままということもありますが、花の周りがきれいになるだけでも全然ちがいます。

すぐに何かに取りかかれる状態が視界に入ると、自分の頭の中もスッキリしてくるからです。

物が散らかった机では作業がしにくいように、脳内も散らかっている状態では処理も遅くなるし、いい考えも浮かびません。苦しいしね。頭痛くなってきちゃう。

なにはともあれ、焦ったり悩んだりしてる時ってあれこれごちゃごちゃ考えがち。感じたままとか、シンプルに考えるためのトリガーとして花を飾るということも試してみてくださ〜い。

街中持ち歩いて自分も周りもエネルギー上げてきましょ。

スポンサーリンク