考えて選ぶ必要はないと感じた話。

こんにちは。
コアチューニング®︎認定講師のはるです。

今日は早朝お伊勢参りに行ってきました。

頭で考えるよりも身体で、肚で感じる。
を意識するようになってから、神社やお寺の空気感がどんどん居心地の良いものになっています。

今日は参道でお会いした宮司さんの言葉が印象的だったので、そのお話。

スポンサーリンク

内宮の参道中、別宮である風日祈宮(かざひのみのみや)への分かれ道がある場所
行きたいかも〜と気が引き寄せられたところに
風日祈宮橋の向こうから、宮司さんが橋を渡ってきました。

別宮が気になるけど、やっぱり正宮に先に行くべきなのか?と迷ってしまい
正宮と別宮、どちらから参拝するものなのか
聞いてみました。

すると宮司さんはゆっくり静かに

「そぞろ歩きが、よろしいわ。」と言われました。

そして「今日は天気がいい、今の時間は陽が差し込んできてきれいですよ。」
と付け足して、歩いて行かれました。

何が正しいということはない。
答えは自分の心の中にある、頭で考えずに歩きなさいねと言われたような感じでした。

まだまだ「何が正解なのか」って考えちゃってるんだな〜笑

結局、先に風日祈宮へ参拝し、その後正宮へ。

殿舎と参拝者の間には、幕が降りています。
礼をして、手を合わせ、目を閉じる
風が吹いて、自分の中に何かが巡る感覚
目を開けて顔をあげると、目の前には殿舎が見えました。

突然別の世界と繋がったような、招き入れてもらったような、垣間見せられたような不思議な感覚。

帰りにもう一度風日祈宮橋を見ましたが、引き寄せられる感じはなく、まるで別の場所のよう。

人は見えないものと繋がっていて、勝手に導かれている。
だからどちらに行ったら良いかは頭で考える必要はなくて
気を向けて想うだけ。それだけで、今の自分のちょうど良いところへ連れて行かれるのだと感じた瞬間。

力を抜いて、自然に任せたらいいんだね〜

スポンサーリンク