坂口憲二のコーヒーショップはどこ?価格や焙煎士になった理由も

難病の治療のため、無期限活動停止中の俳優・坂口憲二さん。現在はコーヒービシネスをされていることが話題になっています。

・坂口憲二さんのコーヒーはどこへいったら飲める?
・ブランドコンセプトは?価格は?
・なぜ焙煎士になったのか?

といったことについてまとめました。

スポンサーリンク

坂口憲二のコーヒーショップの場所

坂口憲二さんのコーヒービジネスの拠点は千葉県の九十九里浜

ここにはコーヒー焙煎所が開設されています。

しかし坂口憲二さんが行なっているのは「コーヒー焙煎」で、主な活動はサーフショップやカフェでのコーヒー豆やグッズの卸販売です。

坂口憲二さんのコーヒーを飲むことができるお店

それは九十九里町にあるサーフショップLBS

こちらでは豆をその場で挽いた淹れたてドリップコーヒーを飲むことができます。(テイクアウトも可能)

他にも坂口憲二さんが焙煎したコーヒー豆や、オリジナルデザインのマグカップの販売もされていますよ^^

LBSについて

▶︎住所
千葉県山武郡九十九里町小関2347−3
▶︎電話
0475-76-1401
▶︎営業時間
1000分~1800
▶︎定休日
火、水、木、金曜日

定休日が多いので注意が必要です!

都内にもシークレットショップが存在

坂口憲二さんのコーヒーブランド「The Rising Sun Coffee」は、東京都内でコーヒースタンドと販売スペースのみの小さな店舗での営業もされている様子。

-The Rising Sun Coffee
この度、東京都内に念願のコーヒースタンド&ビーンズショップをオープンする事になりました!6坪程の小さなお店で、スタッフはまだ3人しかいませんが…我々の社訓である『小さく生んで、大きく育てる』をモットーに、そしていつまでもコーヒーへの探究心を忘れずに…皆様に愛されるお店作りをして行きたいと思っています。
大変申し訳ないのですが、店舗は住宅街にあり、我々もまずは地域の方に喜んで頂きたいという事もあり、しばらくの間、住所は非公開とさせて頂きます!https://www.instagram.com/therisingsuncoffee/?hl=ja

坂口さんの意向で住所非公開ということです。もし見つけた方は、こっそり楽しんでください(*^_^*)

スポンサーリンク

坂口憲二のブランドコンセプト

坂口憲二さんが立ち上げたブランド
The Rising Sun Coffee

ブランド名のイメージは九十九里浜の朝日。

坂口さんがサーフィン好きということから、ブランドのコンセプトは「コーヒー&サーフィン」です。

インタビューに坂口さんはこう答えています。

「一番最初に作った『アフターサーフ』という銘柄は、『海上がりに飲むコーヒー』をテーマにしています。海上がりのしょっぱい口でどういうコーヒーを飲みたいかなと考えた時に、苦味がありつつ、甘くてコクがあるコーヒーがいいなと思って。苦味を強く出せる深煎りのコーヒーにしています。コーヒービジネスは激戦区で、大手が強い。そこに食い込んでいくためにはブランド独自のスタイルが必要で、自分はサーフィンが好きだから、それを武器にするしかないと思ったんです」難病で芸能活動休止中の坂口憲二さん、コーヒー焙煎士になっていた。新たなチャレンジにかけた思いを聞いた

ブランド独自のオリジナリティとして、サーフィンを掛け合わせているんですね。坂口さんは同インタビューでサーフィンの魅力についても語っています。

「海に入ると童心に帰れるというか、子どもみたいな自分に戻れるんです。陸はどうしても人に気を遣わないといけないし、目に見えない順列みたいなものがあって息苦しくなったりする時もあるんだけど。自然はそういうのは関係ない。偉かろうが、お金持ちだろうが、かっこよかろうが全部関係なくて、すべてが平等でシンプルに受け入れてくれる。仕事で忙しくて我を失いそうになった時とか、その感覚を忘れないためにサーフィンをして、陸の社会に戻る、というのが僕にとって生きていくコツでもありました。その魅力を伝えたいな、という思いもあります」
難病で芸能活動休止中の坂口憲二さん、コーヒー焙煎士になっていた。新たなチャレンジにかけた思いを聞いた

このコンセプトをもとに、コーヒーのみならずマグカップやTシャツなどのグッズも展開しています。

坂口憲二のコーヒーなどの価格

坂口憲二さんがこだわって焙煎したコーヒーや企画されたグッズのお値段ですが、「お高いんでしょ?」と思いきや…なかなか良心的な価格でしたよ〜^^

「LBS」にて
淹れたてドリップコーヒー:250
コーヒー豆200g1,500
マグカップ:1,500円

公式HPにて
コーヒー豆各種:1,100円〜2,300
キャニスター:1,800円
ステッカー:300円〜500円
Tシャツ:5,000円〜8,300円
トートバッグ:7,315円

グッズは少々値が張るかも?公式HPにはギフトセットなんかもありました!チェックしてみてください〜

スポンサーリンク

坂口憲二がコーヒー焙煎士になったワケ

まず、坂口憲二さんが芸能活動休止をしたのは国指定の難病を発症したためでした。股関節を形成する大腿骨頭のまわりに血が巡らずに、壊死が生じる原因不明の病気です。
この病気の発症によって無期限での活動休止を決断し、2018年5月末に所属事務所との契約も解除しています。

その後コーヒー焙煎士としてセカンドキャリアの道を歩むことを選んだのです。

そのきっかけはアメリカ・オレゴン州で人々の生活にコーヒーが深く根ざしている文化を体験したこと。もともとコーヒーが大好きだった坂口さんはこれに強く惹かれたそうです。

セカンドキャリアを選ぶにあたって坂口さんは「手に職つけられる仕事」と考えていました。

その理由は

・個人でできる
・自分のスタンスを持ちながらできる
・子供にも教えられる
・技術を身につけられる
・自分主体で何かを作り出せる

こうしてコーヒー焙煎士というキャリアを選択されたようです。

1年半かけて少しずつ焙煎道具を揃え、焙煎技術はバリスタ・ロースター(焙煎士)のプライベートレッスンを受けて学んできたそうです。

まとめ:坂口憲二とコーヒー

調べてみると坂口憲二さんが真摯にコーヒービジネスに取り組んでいることがわかりますね。

価格もお手頃で、口コミも美味しいと評判ですのでお近くの方は一度足を運ばれてみては?

今後はブランドのファンを一層増やし、店舗数の拡大を目指していくとも話されていますので、もっと手に入りやすくなるかもしれません*

スポンサーリンク