ラグビー日本代表に外国人が多いのはなぜ?理由をわかりやすく解説!

ラグビーW杯が始まりました。日本は初戦に勝利!
今までに比べてより注目が集まるスポーツとなりましたね。

今回ラグビー日本代表の面々を見て「外国人多い!」と思う人も多いのではないでしょうか。ちなみに私は思いました。
しかし調べてみると実はこれ、ラグビーではよくあることなんです

ラグビー観戦初心者がラグビー観戦初心者のためにまとめてみました。

スポンサーリンク

日本代表の外国人選手

2019ラグビーW杯日本代表は全員で31名。
そのうちなんと、約半数である15名が外国人選手です。

それはパッと見ただけでも多く感じるはずです。

そしてその中の内訳はこんな感じ。

・日本国籍を取得した選手…9名
・外国籍のままの選手…6名

日本国籍でなくても日本代表になれるんですね。サッカーは帰化する必要があるので意外でした。
ちなみに前回・前々回大会では10名程度であったので、過去最多の外国人選手の数になっているんです。

自国開催も手伝ってこれまでの大会よりも話題となっている今回のW杯。
私のような初心者が観戦することが多いということもあってか、ネットでは外国人が多いことについて疑問や批判が飛び交いました。

ネットの反応

・日本代表なのに外国人多すぎて違和感
・勝つために外国人に頼りすぎてて嫌
・日本を応援してる感じがしない

しかし!

ラグビーファンはこの状況を好意的に受け止めているというのです。

いったいそれはなぜなんでしょう。知るとラグビーを見る目が変わるかもしれません。

スポンサーリンク

日本代表に外国人が多い理由

ではなぜ日本代表には外国人が多く、ファンは好意的に受け取れるのでしょう。

その理由は世界ラグビーに共通する考え方、独特の文化にあります。

まず知っておかなければならないのは

ラグビーは国籍よりも生活している地域などを重視する地域主義であるということです。

この考え方はラグビーというスポーツのルーツから来ています。

ラグビーのルーツ

ラグビーは19世紀はじめにイングランドで誕生。
イギリスでラグビーをプレーしたエリート層が世界中に派遣され、派遣先の他国でもプレーを続けたことによって広がったスポーツ。
このような環境の中で、イギリス人(他国籍)でも代表になれるようにと考えられたのが、国籍よりも生活する国や地域の協会を重視する「所属協会主義(地域主義)」と呼ばれる考え方。

共に汗を流した仲間が、国籍関係なく一つのチームになって戦う

多様性や多文化共生が叫ばれる現代において、ある意味時代を先取りした発想かもしれません。

そのため日本だけでなく他国でも多くの外国人選手が代表選手となっています。
日本は見た目で外国人であることがわかりやすいため目立つだけのようです。

このような考え方が根付いているため、外国人選手が増えることを好意的に受け止められるファンも多いんですね。

 

スポンサーリンク

日本代表になるための条件

ラグビーは国籍よりも生活している地域を大切に考えることがわかりました。

では代表になるための条件は何なのでしょうか。

代表になるための条件

世界ラグビーで定められている条件は3つ。

このうちどれか1つ満たしていればOKです。

代表になるための条件
①自身がその国で生まれている
②両親・祖父母がその国で生まれている
③3年以上継続してその国に暮らしている

この条件を見てもわかるように、やはり国籍は関係ありません
そのため、帰化する必要がないんですね。

他国で代表になるリスク

「代表になれそうな国に行って3年住めばいいってこと?」

そう感じる人もいますよね。確かにそうなのですが、大事なことがもう1つあります。

「他国での代表経験がないこと」

つまり、一度日本代表になると、二度と他国の代表にはなれないのです。
※厳密には方法はありますがかなり難関であるためこのように表記します。

外国人ながら日本代表である選手たちは、自国での代表入りを犠牲にしているということになります。

このような背景から、2015年のW杯での五郎丸選手のツイートが話題となりました。

この言葉に多くのファンが胸を熱くしたといいます。

外国人選手というと助けを借りるために呼んだ「助っ人」というイメージが根強いですが、彼らは並々ならぬ覚悟で日本を背負っているんですね。

スポ根漫画大好きの私もにわかながらに胸が熱くなりました。

まとめ:日本代表に外国人が多い理由

ラグビー日本代表に外国人選手が多い理由はラグビー独特の文化によるものでした。

また、日本代表となった外国人選手は決して「助っ人」のような立ち位置ではなく、しっかり日本に愛国心を持って日本を背負い戦っているということがわかりました。

多様化社会と言われる現代、最先端のスポーツかも!?
ちょっと見る目が変わりました。次の試合も楽しみです!

最後までご覧いただきありがとうございました*

スポンサーリンク