【画像】菜々緒コスプレの再現度が高すぎ!ヲタ恋燭台切男装コスどうなる?

『ヲタクに恋は難しい』の実写映画化に伴いビジュアルが公開されました。

界隈で有名なコスプレイヤー・小柳花子役菜々緒さんが演じられるとのこと。

この役を演じることに伴い、菜々緒さんは男装コスプレもされるんだとか!

菜々緒さんのコスプレがたのしみ!という声も多くあがっていますが、これまでのコスプレはどんな感じだったのか調べました。

スポンサーリンク

菜々緒、映画『ヲタ恋』で男装?

今回菜々緒さんが演じる「小柳花子」はこちら

この時点で菜々緒さんのコスプレのレベルの高さが伺い知れますね…

このキャラクターはコスプレ界隈では有名なコスプレイヤーという設定になっています。原作では『刀剣乱舞』の「燭台切光忠(しょくだいきりみつただ)」という男性キャラクターに男装コスプレをしていたことから、ファンの間では

菜々緒の燭台切コスプレが見れるのでは!?
と期待する声が続々と寄せられているんです。この期待の理由は、これまでの菜々緒さんのコスプレの再現度の高さにあります。

菜々緒のコスプレ画像

菜々緒さんがコスプレするということで期待の声が多く寄せられるのは、これまでのクオリティが高いからなんです。

ということで画像集めてみました^^

『銀魂』:来島また子

2017年に公開された映画『銀魂』では、漫画の実写化に伴い「来島また子」というキャラクターを演じられました。

なんとメイクはセルフ。菜々緒さん自身のInstagramでは
メイクはセルフでつり目っぽくラインを長めに。衣装が華やかになったので少し濃いめのメイクにしました!」
と似せているポイントを説明されています。

原作と並べてみても納得の再現度。
この頃のInstagramではまた子の口癖である「〜ッス」も多用されていて、原作に忠実に再現されている姿勢が伺えます^^

『FF13』:ライトニング

同じく2017年、スマホ向けRPGゲーム「DISSIDIA FINAL FANTASY OPERA OMNIA」のCMにて、人気RPG「ファイナルファンタジー(FF)13」の主人公「ライトニング」を演じられています。

左が菜々緒さん、右がゲームのライトニングです。
…と説明したくなるほどの再現度。

しかしこの画像は菜々緒さん自身のInstagramにアップされた加工後の画像です。実際のCMでは黒髪のまま出演されていました。

こちらが加工前と加工後です。本当に髪や目の色が変わっているだけ。髪色を加工したらものすごい完成度なのになんだか勿体なく感じてしまいます。

CM放送時は「黒髪のライトニング」と呼ばれ「髪色もちゃんとして欲しかった」という厳しい声もありました。染められないならウィッグで対応するなどしてもらえたらもっとすごい反響があったかもしれないですね。

スポンサーリンク

菜々緒のコスプレに高まる期待

確かにこんな再現度の高いコスプレを見たら、次の男装コスプレにも期待が高まります。

ネット上でも菜々緒さんのコスプレに期待の声が多く寄せられているんです。

配役が微妙…という意見も多い中、菜々緒さんのコスプレには期待しているという意見も多く見られました。

原作にはそこまで興味がなくても、菜々緒さんのコスプレが見られるなら映画を観に行きたいという人まで。実はこのような意見の方が何人もいらっしゃるんです。本当に期待度が高いことが伺えますね!

菜々緒の燭台切コスプレ画像

2019.08.13追記
菜々緒さんの燭台切光忠コスが予告で公開されました!


このビジュアル公開を受けて、ネット上では「やっぱり最高」「上半身しか見えないけど全身見れるのも楽しみ」など、好意的な感想も寄せられています。

しかし事前の期待とは裏腹に否定的な意見も多い様子。

「ウィッグがおかしい」「中途半端」「菜々緒という素材を活かしきれてない」など。

菜々緒さんがコスプレすること自体には概ね好意的な意見が多いのですが、中途半端で勿体ない!もっとできるはず!という批判が多くを占めています。

中には「コスプレイヤーに監修させた方がいい」というような意見も。

菜々緒さん演じる花子が界隈では有名なコスプレイヤーという設定であることも、中途半端にも見れるコスプレ完成度への批判となっているようです。

まとめ:菜々緒のコスプレは再現度が高い!

これまでの画像を見てみると、ネットで多くの人から期待されていることが納得できる完成度の高さでした。
持ち前のスタイルの良さで、髪色や目の色など関係なしに2次元からそのまま飛び出てきたようなリアルさがありますね。一般的な体型では到底真似できないです;

次は男装コスプレということで肩幅などの体格を懸念する意見も見受けられましたが、そこはなんとかしてくれると信じましょう(笑ちらりと映ったビジュアルには批判も多いようですが、全身画像が公開されるのも楽しみです^^

最後までご覧いただき、ありがとうございました*

スポンサーリンク