マカロニえんぴつのメンバーや魅力まとめ!人気曲3曲もオススメするよ

「マカロニえんぴつ」とは2012年に神奈川県で結成された、メンバー全員が音大出身という4人組のロックバンドグループです。

名前をよく聞くようになったこのグループ、気になる方も多いのでは?
そこでメンバープロフィールや魅力についてまとめました^^

スポンサーリンク

マカロニえんぴつメンバー

メンバー全員が音大(洗足学園音楽大学)出身だというマカロニえんぴつ。

左から田辺由明さん・長谷川大喜さん・はっとりさん・高野賢也さん
プロフィールをまとめます。

はっとり:Vocal & Guitar

通称   :はっとり
生年月日 :1993年6月29日(現在26歳)
専攻コース:ROCK&POPS
担当   :ギター、ボーカル

バンドの中心人物。ほとんどの楽曲の作詞作曲を担当している人です。

本名は河野 瑠之介(こうの りゅうのすけ)
「はっとり」は高校時代の愛称。大学でもそのまま自称していたので、メンバーですら本名が「はっとり」だと思い込んでいたんですよ。

「ユニコーン」が大好きで、大きく影響を受けていると語っています。

高野賢也:Bass & Chorus

通称   :けんけん

生年月日 :1993年7月16日(現在26歳)
専攻コース:ROCK&POPS
担当   :ベース

はっとりさんとともに作曲を担当していたメンバーが2017年に脱退したことを機に高野さんも作曲を開始しています。

アニメが大好き。メンバーからは「アニメに関しては検索するよりこいつに聞いた方が早い」と言われるほど詳しいんです。

田辺由明:Guitar & Chorus

通称  :よっちゃん

生年月日:1989年5月30日(現在30歳)
専攻コース:ROCK&POPS
担当  :ギター
好き  :愛犬、激辛、料理、プロレス、ドラクエ

メンバーの中でいちばん年上の兄貴的存在なのが田辺さんです。

ハードロック&ヘヴィメタルが大好き。元々はハードロックしか聴かない&弾かないというほどだったそう。

俗に「泣きのギター」と言われるようなギターソロを弾く事が多い人です。
チョーキングやビブラートといったテクニックを組み合わせて音に揺れを出し、泣いているような音を出すこと。

長谷川大喜:Keyboards & Chorus

通称   :大ちゃん

生年月日 :1993年11月19日(現在25歳)
専攻コース:電子オルガンコース
担当   :キーボード

ジャズが大好き。メンバーで唯一電子オルガンコースを専攻しています。

高野さんに誘われてメンバー入り。
ジャズ好きの長谷川さんは「右も左もわからずロックというジャンルに触れてきた」と7周年の際にコメントしています。

最近は一人映画が好きなんだとか。

スポンサーリンク

「マカロニえんぴつ」の意味

「マカロニえんぴつ」って変わった名前ですよね。

これは存在していても中は空洞で何も無い「マカロニ」と、何も無いところから書くことで存在を作ることができる「えんぴつ」を合わせた造語です。
「ドーナツの穴を食べる」というある哲学者の言葉に影響を受けています。

空洞の中には何も無いマカロニを自分達の音楽で埋め、それをえんぴつで書き進めていくことで在る存在にしていきたい。という思いが込められているようです。

なんだか難しいですが、存在していても中身がないものを、在るものに変えていくということでしょうか。

マカロニえんぴつの魅力

マカロニえんぴつの魅力は?
振り幅が大きく様々な楽曲が聴ける

・どこか懐かしいけど新しい楽曲
・演奏スキルが高い
・共感性の高い歌詞

マカロニえんぴつは、はっとりさんが作ったデモを叩き台に、他のメンバーと完成させていくスタイルで曲を作っています。

全員が音大出身&好きな曲もバラバラなだけあって、少しの音からいろいろな方向に膨らませていけるのも強みで、振り幅が大きいと定評があります。

どこか聞き覚えのある懐かしい感じを残しつつ、流行りの音楽の要素をうまく取り入れることによって懐かしいけど、新しいという楽曲を生み出しています。

また、全員が音大出身ということからか演奏スキルもとても高く、ライブで聴いてもCD音源とそう変わらないのです。すごいですね。

歌詞については作詞を担当するはっとりさんの言葉選びが秀逸。似た発音の言葉を近くに置いたりしてキャッチーで耳に残る歌詞が多いです。
カッコつけすぎない等身大な言葉で綴られた正解のないような歌詞は、自分の経験や感情を投影しやすいようになっています。

スポンサーリンク

マカロニえんぴつの人気曲

マカロニえんぴつが気になるけどどれを聴くといいの?っていう人にオススメしたい3曲を厳選!動画も是非チェックしてください!

①鳴らせ

全国デビューしたファーストシングル。

新人バンドとしては異例とも言える再生回数となりました。
マカロニえんぴつのライブ定番曲疾走感のあるロックナンバーです。

②ミスターブルースカイ

爽やかでポップな1曲。
テーマは「別れを受け入れて進んでいく

いつか晴れるという希望を忘れずにいたいという思いが込められていて、「ブルースカイ」とタイトルに入っているにも関わらず「雨」というワードが歌詞に入れられています。

③レモンパイ

TBSの「王様のブランチ」エンディングテーマに起用された曲。

テーマは「レモンパイのように甘酸っぱい恋

この甘酸っぱさは初恋の甘酸っぱさではなく、その後のことを想像して躊躇してしまったり、踏み込めないでいるような気持ちを表しているということです。

まとめ:マカロニえんぴつ

2012年からじわりじわりと着実に人気が高まっているマカロニえんぴつのメンバーや魅力、人気曲についてまとめました。

気になっていた方はぜひ動画をチェックしてみてください^^

最後までご覧いただきありがとうございました*

スポンサーリンク